映画「バクマン」あらすじと感想

スポンサーリンク


原作から読んでいます。
実写化すると知って「(´ε`;)ウーン…」

キャストを知って「工エエェェ(´д`)ェェエエ工」

 

もうとにかく最高と秋人の配役が
逆だろう、と。
コレに尽きる。
大根監督いわく、みんな逆だというけど
映画を見てもらえば、これでいいんだと
思ってもらえるはず。

で、見ましたが

やっぱり私はそうは思えなかった。

口数が多い秋人なので
早口気味でセリフをダーッと言う
シーンが多いです。

演技力と滑舌がいい神木隆之介くん
だからこそできるってのは
あるかもしれませんけど。

見た目はどう考えても逆。

この2人の配役だけじゃなくて
亜豆もイマイチ。
もっとロリータ系の可愛らしさが
亜豆にはあるはず。

原作では亜豆は引っ越しのため
転校するんだけど、映画では声優の
仕事が入ったから自主退学。
芸能活動禁止だからって。

そのあとも恋愛禁止だからって
最高と会おうとしなかったり。

そのあげく、もう待てないって
最高を振ってしまう。

映画の亜豆、全然ダメ。
最高のことそんな好きじゃないだろ。

許せるのは福田さんと中井さんかなあ。

中井さんは原作と設定違って
作画だけじゃなく、全部1人で描いてたけど。
平丸さんはもっと髪がキレイなイメージ。
なんであんなボサボサなの?

珍しく山田孝之さんが原作に忠実じゃなかった。
服部さんは山田孝之じゃなくても
いいんじゃ?と思えた。

救いようないのが新妻エイジ!
原作ではそんなキャラじゃないだろ
って思う部分ばかりでした。

ただの嫌なヤツになってたからな。

思ったことを素直に言うところは
あるんだけど、他のマンガ家に対する
リスペクトが原作のエイジにはある。

映画のエイジは、完全にヒール。
どうしてこんなキャラにしてしまったんだろう。

原作のエイジは人気キャラなだけに
すごく残念。

そうだ!香耶ちゃん出てこなかった。
後に秋人の妻になるのに。

香耶ちゃんいないから
秋人と最高の本名の読み方が
明らかになっていない。

秋人(あきと)をシュージン
最高(もりたか)をサイコー
っていうやりとりがなかった。

というか2人のペンネーム
亜城木夢叶と名乗ることもない。

全体的にコレジャナイ感満載でした。

でもエンディングのエンドロールは
すごかったな。
往年のマンガのパロディ風に
コミックスの背表紙にスタッフ名。

映像の作り方はすごく凝っているから
原作を無視すれば、映画としては楽しいと思います。
ただやっぱり原作でハマった私は
この映画は否定したいことだらけ。

あらすじ

真城最高は子供の頃から
絵を描くことが得意だった。

いつも授業中に片思い相手の
亜豆美保をモデルに絵を描いていた。

ある日、そのノートを
同級生の高木秋人に見られてしまう。
秋人はこのノートを見て
最高に一緒にマンガを書こうと誘う。

乗り気じゃない最高は
秋人と階段で揉み合いになり転落。
そのとき亜豆にそのノートを見られる。

亜豆は声優になることが夢だ。
照れ隠しのつもりで
勢いあまって最高は2人の夢が
叶ったら結婚しようと言ってしまう。

意外にも亜豆はそれを承諾してくれた。

実は最高の伯父は、大ヒット作を生んだ
ギャグ漫画家、川口たろう。
過労のため突然死している。

マンガ家の苦労は伯父から
聞かされていた最高。
楽なことではないと秋人に話す。
だからこそやってみるんだ、と
秋人は最高と一緒に夢を叶えようという。

さっそく秋人はストーリーを考え
ネームを作成した。
最高も慣れないペンを使い
絵を描いた。

ジャンプ編集部へ持ち込むと
編集者の服部哲が2人のマンガを読んだ。

・マンガを読み返してもらう
・褒めてもらう
・連絡先を記載した名刺をもらう

見込みがある場合
この3つをクリアしていれば
認められたと判断できる。

服部はすぐに描き直して
持ってくるように、と
2人に伝える。

描き直したマンガを読んだ服部から
格段に良くなったと評価され
手塚賞へ応募することに。

すでに手塚賞を受賞していた
同じ高校生マンガ家、新妻エイジを
ライバル視し始めた。

最高と秋人の作品は
手塚賞に入選したものの
最高は納得していなかった。

授賞式で出会った
福田真太、平丸一也、中井巧朗は
最高たちよりずっと技術のあるマンガ家だった。

福田たちと刺激しあいながら
連載を取るため、描き続ける。

連載会議では最高と秋人が描く
「Wアース」は王道すぎるとの理由で
連載が取れなかった。

王道は新妻の「CROW」で充分だという。

秋人は新たにネームを作り
自分たちらしい作品として
「この世は金と知恵」を描き始める。

あえてジャンプらしくない路線で
やっと連載を開始する。
だが週刊連載の厳しさをすぐに
目の当たりにすることとなる。

激務のあまり、最高が倒れてしまう。

川口たろうの担当をしていた佐々木編集長は
川口の時の二の舞いを踏むのを恐れ、最高たちに
休載を命じた。

納得できない最高は、体調不良の身でありながら
ムキになって描き続けた。
声優の仕事が順調な亜豆に刺激を受けたからだ。

何より自分たちの代わりに
エイジが巻頭カラーを出すことが
悔しかったのだ。

見かねた福田たちが手伝いに来た。
なんとか休載を免れ、原稿を仕上げる。

この週の読者投票は
「この世は金と知恵」が1位を獲得。
だがこの後、失速し打ち切りになった。

最高と秋人は高校を卒業する。
これから描きたいマンガのアイディアは
たくさん溢れ出てくる。
卒業後も2人はマンガを描き続ける。

キャスト

真城最高:佐藤健
高木秋人:神木隆之介

新妻エイジ:染谷将太
亜豆美保:小松菜奈
福田真太:桐谷健太
平丸一也:新井浩文
中井巧朗:皆川猿時

川口たろう:宮藤官九郎
服部哲:山田孝之
佐々木:リリー・フランキー

スポンサーリンク